相続相談を弁護士にする予定の方は【弁護士櫻井晴季】へ(費用に関するご質問があればご連絡を)~遺言を作成する場合はなるべく早い方が良い~

弁護士に相続相談をするなら【弁護士櫻井晴季】へ

弁護士に相続相談をするなら【弁護士櫻井晴季】へ

弁護士相続相談をしたい方は、【弁護士櫻井晴季】にご連絡ください。

相続は被相続人の遺産を相続人にただ譲るだけの作業ではなく、実際には法に関する複雑な要素も多く含まれています。

弁護士でしたら、「もめる可能性」「もめるとどうなるか」「もめないためにはどうすべきか」など、先を見据えたアドバイスが可能ですので、相続相談の際はお任せください。

遺言を作成する場合はなるべく早い方が良い

遺言を作成する場合はなるべく早い方が良い

遺言を作成した場合、その内容が有効であるかどうかを判断する際に、遺言能力の有無が重要視されます。

民法第963条では「遺言者は、遺言をする時においてその能力を有しなければならない。」と定められており、遺言能力がないと判断された場合、遺言が無効となってしまいます。

遺言能力の有無を見極める上で、1つの目安となるのが認知症です。高齢者が多い今の日本社会において、認知症になることは決して珍しくはありません。認知症になったからといって、必ず無効になるわけではなく、一時的に回復している時や症状の程度によっては遺言能力があると判断されることもあります。

しかし、いずれにせよ遺言を作成したいとお考えでしたら、お元気なうちに用意した方が安心です。遺言は後から内容を撤回できますので、早めに作成しておき、事情が変わった場合は変更したり、新しい遺言を用意したりすることで、ご自身の意思を正しく相続人達に伝えられます。

【弁護士櫻井晴季】は、遺言の作成をサポートする業務も行っていますので、遠慮なくご相談ください。弁護士がご相談に応じます。

弁護士に相続相談をした場合の費用が気になる方はご質問を

弁護士に相続相談をした場合、費用がどの程度必要となるのか気になる方は、【弁護士櫻井晴季】に気軽にご質問ください。初回相談の場合、30分ごとに費用を承っていますが、場合によってはいただかないこともあります。ご連絡くだされば、分かりやすく丁寧にご説明しますので、フォーム・お電話にてお問い合わせください。

コラム

弁護士に相続相談をお考えなら【弁護士櫻井晴季】へ

名称千葉のぞみ綜合法律事務所
所在地〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央3-9-9 エレル千葉中央ビル601
TEL043-306-1714
電話受付時間9:00~18:00
URLhttp://www.sakurai-lawyer.jp/